大量発注で安くなる記念品

記念品たくさん贈らなければいけないとき、できるだけコストを抑えたいですよね。大量発注で安くなる場合があります。 - 大量発注で安くなる記念品

大量発注で安くなる記念品

jytduktd
記念品は不特定多数の人に渡す場合、その数が100や200と言う時もあれば1000や2000と言う数が必要になる事があります。
どんな記念の品なのかにもよりますが、例えば教育機関や企業で扱う場合には大量に必要になる事が珍しくありません。
大量に記念品が必要になった時には、しかるべき業者に大量発注する事になりますが、この時、1つ1つ単品で購入するよりも1つ当たりの単価が安くなる事があります。
これはどのような仕組みがあるのでしょうか。

まとめて注文すると料金が割引になるのはなぜか?

企業や教育機関などで大量に記念品が必要になった場合、大量発注をする事が一般的ですが、その場合には1つ当たりの単価が安くなったり、全体の費用から10パーセント割引になるなど、安くなる事があります。
この理由は、その品物を扱う業者が、仕入れる時に卸売り業者から直接大量に仕入れるので、送料や手数料などの中間マージンが安くなる事に起因しています。
例えば、1000個仕入れて10000円の品物があったとして、それを100個ずつ分割して仕入れたのでは、その際の送料や手数料が仕入れるたびにかかります。
しかし1000個まとめて仕入れる事によって、およそ9回分の送料や手数料が無くなると言う計算になります。
そのため、割引と言う形で安く購入する事が出来るというわけです。
大量発注する方が、記念品などの場合は安くなると言うのはこうしたからくりがあるからで、発注する業者にも、大量に購入する側にもメリットが生じる仕組みになっています。

記念品を大量に発注するなら業務用の品も視野に入れよう

記念品を準備する側としては、少しでもコストをかけたくないのが正直なところです。
そのため、ボールペンや、ちょっとしたエコバッグなどを準備すると言う企業や教育機関も珍しくありません。
しかし、大量発注すると言う事においては、業務用の品物の取り扱いのある業者の方が、前述したように大きな単位で購入する事が出来る他、その他のショッピングセンターで購入するよりも安くなる事が多くあります。
業務用の品でも、ちょっと手を加えて社名や学校名を入れたり、記念となる日付を入れる事で、立派な記念品になりますから、そういったひと手間をかけてもコスト的には予算の範囲内で終わる事があります。
業務用の品物だからこそ、文具や雑貨を記念品にする時には非常に品数が豊富にあるでしょうし、選べる状態になっていると言えます。
出来るだけコストの削減をしたいなら、こうした業務用の品物にも目線を向けてみると良いです。

大量発注で安くなる記念品のまとめ

dfrgea
記念品を大量に準備するとしたら、どこの業者に頼もうか迷う事があります。
そんな時には、出来るだけ大量発注も承るような業者を探す事がおすすめです。
大量発注に対応出来ないような業者に頼んでしまうと、予算内で品物を購入出来なくなる可能性がある他、中間マージンばかりがかかってかえって高くつく事も考えられます。
こうした事の無いようにするためには、業務用の品物の取り扱いがある業者を利用する事も視野に入れておくと良いです。
業務用の品物でも、文具や雑貨ならどれにしようか迷う程の品数がありますから、丁寧に選ぶ事も出来る事でしょう。
上手く業務用の業者を利用すれば、中間マージンが発生しないで安く購入する事が出来ますから、予算内で計画通りに理想的な記念品を準備する事が出来るようになります。
業務用の品物も、近年ではおしゃれなものが増えていますから見学に行くと良いです。

ネット注文がおすすめ

記念品のネット販売なら記念品オンライン「https://www.kinenhinonline.com/」
オリジナルの記念品を作りましょう!

更新情報

Copyright(C)2016大量発注で安くなる記念品All Rights Reserved.